Please reload

Follow Us

March 22, 2015

 

いよいよ帰国の日。長いようであっという間に過ぎた2週間でした。朝4時にシンガポール理工学院の学生が出発するため、KIT/KTCの学生は、活動を共にしてきた友人との別れを惜しみながら、手作りの「SEE YOU AGAIN♥」のボードを掲げ見送りしました。その後、KIT/KTCの学生は朝10時に大学寮を出発しました。

 

マラン空港からジャカルタ空港を経由し羽田空港に到着した学生は、長旅にやや疲れた様子を見せていました。しかし、久しぶりに見る日本語の表示やどこに行っても聞こえる日本語、日本のおにぎりや飲み物などを口にし、慣れ親しんだ味を思...