ホームステイ/昆虫養殖班

13-Mar-2015

学生たちはスンブル・セカール村の昆虫養殖所を訪問し、養殖プロセスの観察を行うとともに、実際の作業を体験しました。また、養殖所の経営者や作業者にインタビューを行い、何が問題として存在するのか、問題の原因は何かなどの発見に挑みました。

 

 

 

 


村では、インドネシア 東ジャワ地方の典型的な家屋に泊まりました。宿泊所の前がモスク(イスラム教礼拝所)のため、毎朝4時に大音響で祈りを呼びかける放送があり、驚いて目が覚めることもありました。

環境の違いに戸惑いつつも、夜遅くまで調査内容のまとめや議論が行われました。

 

 

自分の意思を表現する方法に悩みながらも,英語のみならず、身振り手振りや図を駆使して奮闘する学生の姿からは確実な成長が感じられます。

村ではシンガポール、インドネシアの学生と文字通り寝食を共にし、共通の目的に取り組みました。村から帰った後は、当初見られたぎこちなさも無くなり、最初からの友人であったかのように楽しく話す様子が見られました。

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン