アイデア出しとコンセプト決め

14-Mar-2015

村での活動を終えた各グループは、対象となるユーザーの抱える問題の本質を捉え、問題解決のためのアイデア出しとコンセプトを決める活動を始めました。

 

それぞれのグループは朝8時過ぎに活動を開始しました。アイデア出しでは、言葉での説明では伝わらないことをスケッチで表し、金沢工大・金沢高専の学生も積極的にアイデア出しに参加しました。機械的な構造に関するアイデアでは、他のグループメンバーから実現可能性についての意見を求められ、エンジニアリング的にどうか考える場面もあり、アイデア出しの段階とはいえ、専門面で学んだことを活かしながら、自分に与えられた役割をこなすこともできたようです。

 

アイデア出しが進むグループは、アイデアを物体で表すために簡易的なプロトタイプの製作を始めました。モックアップではありますが、ここではいかにして自分たちのアイデアをユーザーに伝えるかに重点をおき、ダンボールや木など使える材料を用いてアイデアを形にしていきます。また手を動かし作りながら考えることで、新たな気付きが生まれ、グループワークはさらに白熱した様子で進んでいます。限られた時間の中でどれだけ深くユーザーの抱える問題の本質に迫り、新たな体験を生み出すアイデアを磨き上げることができるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン