プロトタイピング製作

16-Mar-2015

 

問題解決のためのアイデア出しとコンセプト練りを終えた各グループは、アイデアを視覚的に表す簡易的なプロトタイプ製作を開始しました。まずは安価かつ素早くコンセプトのコアとなる機能や特徴を形にすることで、デザインプロセスの早い段階でコンセプトの有用性や改善点を確認することを目的としています。

 

学生達は、ダンボールや粘土、木材などを用いて、自分たちのアイデアを形にしていきます。また作りながら考えることで、スケッチしていたアイデアから更に変化が起こることも期待されます。簡易モックアップ、活用法ポスター、マップなど、自分たちのコンセプトを表すのに適した形で学生達はプロトタイプ製作に取り組みました。

 

今までは考える時間が多く、ディスカッション中心の活動でしたが、ここからは手を動かす時間が多くなります。明日にはこのプロトタイプを持って再度村にもどり、自分たちの定義した問題点、解決方法とそのプロトタイプを村の方々と共有します。そこで得たフィードバックをもとにコンセプトの改善を図ります。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン