オープニングセレモニー& インドネシア語レッスンに挑戦

11-Mar-2014

プログラム2日目。ムハマディア大学でオープニングセレモニーが催されました。歓迎の言葉を述べたムハマディア大学副学長、学生を代表してあいさつしたシンガポール理工学院代表の言葉には共に、「これからの世界を共につくり支えていく若者にとって、異文化を理解し、受け入れ、適応していくことは非常に大切なことである」と強調されていました。また、インドネシア、シンガポール、ベトナム、そして日本の4カ国の学生が協力してプロジェクト活動をするにあたり、「普段の学校での学びの環境とは違う、異分野異文化連携で活動を進める貴重な体験としてほしい」という熱い思いも込められていました。

 

 

 

オープニングセレモニー後には、チームビルディングも兼ねたインドネシア語レッスンが行われました。ムハマディア大学言語センターの先生指導のもと、学生たちはインドネシア語の簡単な挨拶や表現、英語とインドネシア語の文法的違いについて学びました。午後からは、インドネシアの学生が中心となって、インドネシア語での質問の仕方や答え方について各グル―プで確認し、それぞれの内容について発表しました。レッスン後は、現地の民族衣装を身に付ける体験もあり、学生たちはお互いに写真を撮りあって楽しい時間を過ごしました。プログラムの最後には、ムハマディア大学のキャンパスを見学しました。大学の体育館を見学したり、多くの大学生が原動付自転車で通学している様子を目にし、日本の大学のキャンパスのつくりや雰囲気の違いに多くの驚きがありました。

 

今日はインドネシアの言語学習と文化を体験する一日となりました。その中でも、英語で他言語を学ぶという活動は、金沢高専、金沢工大の学生にとって初めての体験でした。口頭で通じないことはノートに書いて見せたり、辞書やインドネシア語レッスン本を使いながら説明するなどして積極的にコミュニケーションを図っていました。コミュニケーションの手段は言葉だけではなく、いろいろな表現の仕方があることを実感する機会となりました。また、英語力上達の早道は、間違いを気にしたり、恐れたりせずにどんどん話していくことです。今回は、英語を学ぶのではなく、英語を使って活動を行うこと、英語をコミュニケーションのためのツールとして活用することで、学生たちの英語力がどんどん磨かれていくことが期待されます。

 

 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン