村人にアイデアをプレゼンテーション

19-Mar-2014

 

 

19日は、各グル―プで活動した村に戻り、村の方々とコンセプトの共有と評価を行いました。これは、利用者とアイデアを共創するコ・クリエイションと呼ばれる活動で、観察やインタビュー情報の分析から明らかになったニーズを満たすためのコンセプトを、プロトタイプを通して利用者に触れてもらい、ストーリーとしてコンセプトがどのように問題を解決し活かされるのかを体験してもらう時間です。機能性やフィーリング、感情的な作用などに関してフィードバックを得ながら、共にコンセプトを改善、発展させていく試みです。このコンセプトは最終案ではなく、あくまでも発展途中の段階です。村の人々にとって持続可能な解決策を探るため、お互いに新たな気づきや問題点を見つける機会でもあります。

 

20日は地元のUMY大学で、ポスターセッションという形でお互いのグループの最終発表を行いました。プロジェクトの流れ、問題点、コンセプト、コ・クリエイションで得たフィードバックなど、各グル―プの成果を確認し合いました。発表はポスターやプロトタイプを用いて行われ、KTCやKITの学生たちも担当箇所を堂々と英語で発表しました。これで、今回のプロジェクトは修了となります。今後は、今回のコンセプトをエンジニアリングやビジネスの視点からさらに発展、精度の高いプロトタイプを作成し、村への導入を実現させるための活動が検討されます。

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン