プロジェクト②豆腐の生産~販売プロセスの改善

23-Mar-2016

英語で意見を発表する金沢高専の鹿熊さん(右) 

 

2つ目のプロジェクトは、大豆の購入から豆腐の生産、販売までの工程での問題発見・解決策の提案です。

 

このグループでは、男子学生と女子学生が2つのホームステイ先に分かれて滞在し、活動はどちらかの家へ出向くという形式が取られました。村はとてもおおらかな雰囲気で、村の人々も外国人の私たちに笑顔で挨拶をしてくれました。滞在先での食事は、日本のお米とは少し異なるタイ米で、おかずに魚、鶏肉、野菜の炒め物、豆腐、揚げ物が日替わりで提供されました。日本では味わえないような特徴のある味ですが、ほとんどの学生が喜んで食べていました。

 

ホームステイ先での食事の様子 

 

学生は豆腐の製造作業場を訪れ、そこのオーナーや作業員にインタビューしました。当事者では気づいていない問題点をまとめる作業「Insight(洞察)」は、インタビューの内容を理解し、共通項を見つけ、まとめ上げるといった、たいへん高度な内容が伴ってくるため、日本人の学生はシンガポールやインドネシアの議論に付いていくのに苦労していました。それでも、毎日の食事、掃除、団結力を深めるゲームや、休憩中のひとときを通じてグループでの活動に慣れ、徐々に力を発揮していく様子が見られました。

 

豆腐の製造工程を見学しました 

 

村を散策する学生 

 

サッカーで交流を深めていました 

 

団結力を深めています 

 

議論は夜まで続けられました 

 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン