プロジェクト③農業のシステム化とマーケティング

23-Mar-2016

 すっかり村になじんでいます

 

 

3つ目のプロジェクトは、農業がテーマです。学生は、村滞在初日に行われた歓迎会の場所から車で5分ほど離れた家にホームステイしました。日本の田舎とはまた違った田舎で、人通りの多い大通りまでは15分ほど離れています。

 

農業は この村にとって数年前に始まったばかりの新しい挑戦であり、たった5人しか携わる村人がいません。その上、あまり農業の知識を持たず、思い込みで仕事をしているようにも見えました。もちろん政府による援助はあるものの、いまだに経済的なリターンが見えず、困っています。ここでの課題は、村人がどのようにエコシステムを作り上げ、村の外へとマーケティングを広げていくかということです。

 

活動場所となる農地 

 

 

学生は問題点を発見するために、事前にインタビュー内容を確認し、ターゲットとなる1人のユーザーだけから情報を得るのではなく、同じように農業に携わる村人からもインタビューによって情報を得ました。その際、実際に村人が行う田植えの作業などをやらせていただきました。金沢高専生にとっては、インドネシア語の情報を現地学生に英語に直してもらい、その後に日本語に翻訳するというステップを取るので、どこの国の学生よりも理解するのに時間がかかり苦戦する姿が見られました。しかしながら、ボディーランゲージ、作図、電子辞書を使って、必死に少しでも自分の意見を聞き入れてもらえるよう努力する姿が見られました。

 

ホストファミリーとともに

 

インタビューから得られた情報

 

ホームステイ先でいただいた家庭料理

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン