アイデア出しとコンセプト

24-Mar-2016

アイデアを出す前にリラックス

 

村でのインタビューから様々な情報を得たら、それらをもとに対象となるユーザーが抱える問題点をまとめ、その解決のためのアイデアを作り上げるのがこの活動の目的です。

 

各グループでアイデアを出し合う議論では、まずはとにかく多くのアイデアを出すことが必要とされます。付箋紙に文字で表現したり、スケッチしたり、様々な表現方法があります。その後、実現性、コスト、耐久性、メンテナンスなど様々な要素を見比べた上で、最終的なコンセプトをグループで決めます。機械的な専門知識があるだけに、どうしても完璧と実用性を追求したい日本の学生と、ユニークで簡単なものを作りたい他国の学生の意見がうまく噛み合わない場面もありました。何度も何度も小さな変化を加えたり、全く異なるコンセプトに戻したりと、四苦八苦する様子も見えましたが、絵に描いたり文房具を使ったりして、各自のアイデアを表現しようとする姿は感心すべきものでした。

 

次は、まとめあげたコンセプトを身の回りで手に入るものを使って簡単な試作品を作成します。

アイデアを厳選中

 

 

人前での発表も慣れてきました

 

考えを伝えようと懸命に表現しています

 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン