12 day Learning Express in Chiang Mai Report

 

This report details the March 2018 Learning Express Program ICT, KIT students participated in. Learning Express (LEX) is an international social innovation program lead by Singapore polytechnic, giving students an environment to properly execute and implement the method and process of design thinking (DT). Students from each country have to overcome language barriers, cultural differences and diverse life styles of their counterparts, to work together to find a problem and solve any issues to make life better for the homestay stakeholders. 


1. Introduction
Lecturers Akihiro Tsuda (ICT), Hidekazu Kanemitsu (KIT) and Hayato Ogawa (ICT) took part in the chaperoning and co facilitating 4 KIT students and 4 ICT students in Chiang Mai, Thailand. This year the Kanazawa students joined the new 12-day LEX program coordinated by Rajamangala University of Technology Lanna (RMUTL). The following report will explain the day-by-day activities of the March 2018 Learning Express Program. Looking into some of the challenges and obstacles, the students meet.

 

2. Day 1 arrival day
KIT and ICT students check into the RMUTL hotel and later in the evening Singapore students and facilitators join the Japanese students in the RMUTL hotel. The students directly go to their assigned room to rest for the next day.

 

3. Day 2 Orientation and DT training review 
Welcome speech is given by RMUTL and facilitator from each of the three universities where introduced to the students. Next, an Ice break session held by RMUTL facilitator helping the students to get to know each other and introducing foreign students to local cultural norms and taboos. Later the students divided into their homestay village groups and did a small ice break session again to familiarize each other and their language capabilities. Design thinking training is reviewed emphasizing observation and interview process, after the review the introduction of the project statement is announced to students for each homestay village. The most important part of this session was for the students to have a firm understanding of good interview process. Interview questions where made discussed and practiced by students while facilitators reminded students of distributing note taking, translating, speaking and listening tasks.

 

4. Day 3 to 5 homestay 
This the toughest stage physically for the LEX program where students go to the countryside of the host university to find a problem and start thinking of a feasible solution for the homestay community. The students have to work in full autonomy with facilitators stepping back and letting students work through their training, while managing time and keeping them focused. All three days the students are exploring their area of interest and interviewing key stakeholders who fit the project statement. 

 

5. Day 6 Ideation 
Ideation is the hardest stage mentally where students reassess the project statement, making sure the data they collected match with their problem statement. Creating a persona to represent the target demographic the stakeholder is trying to better the livelihood of or making the livelihood of the stakeholder himself or herself better. 

 

6. Day 7-8 Prototyping 
This is where the students will be physically creating the solution where the stakeholders and target demographic can visually see, physically try out and see the scale of the solution. Most of the engineering students do the best here especially language is not needed when creating a prototype, mostly sketching and good drawing skills.

 

7. Day 9 Co-creation
In this step of the program, the students bring the prototype they have created back to the stakeholders for input; on what is good and improvements for the final product. In addition, the prototype they produced is assessed to make sure the stakeholders are going to need or will be using.

 

8. Day 10 Gallery Walk
 The gallery walk is held at a large conference or meeting area where people from outside the project and the community can be presented with the material that has been produced. More input gained from this gallery walk to improve the prototype and to acquire more available concepts or solutions from different demographic of people. During the gallery walk, participants are given small items as counters to vote on each project for popularity, creativity and design.

 

9. Day 11 Cultural Immersion and closing ceremony
On this day, the votes are added up from the gallery walk, students are awarded on their hard work, and results of the gallery walk. Certificate of completion and exchange of gifts occurred during dinner while performing short showcases on sharing cultures from each other’s homelands. Lastly, the RMUTL chair and facilitators give the closing statement and students go back to the hotel for their last night’s stay.

 

10. Day 12 Checking out and departing
This is the last day of the program where everyone checks out of the hotel and returns to their home country. Here students realize they have to part with their new friends and go back to everyday life but have a connection with somebody in another part of the world. The students share the social media account user names and info in order to keep in touch during this time.

 

11. Conclusion
The students acquired a unique social and cultural experience on this trip and on May 29th they summed up their experiences and pictures onto a power point and presented to program sponsors and main contributors that supported them on this trip and program. The program has received a lot of praise and will be continuing into next generation of ICT students.

 

チェンマイでの12日間 ラーニング・エクスプレスレポート

 

このレポートは2018年3月にICT、KITの学生が参加したラーニング・エクスプレスのプログラムの詳細を書いたレポートである。ラーニング・エクスプレス(LEX)はシンガポール・ポリテクニクが主催する学生たちにデザインシンキング(DT)を実践する環境を与える国際的なソーシャルイノベーションのプログラムです。各参加国の学生は言語の壁、文化の違い、多様な生活習慣の相違を乗り越え、様々な学生と協力しながら問題発見・解決をし、ホームステイする人々へより良い生活を届けなければならないのである。

 

1.導入

津田明洋(ICT)、金光秀和(KIT)、オガワハヤト(ICT)が引率教員としてKITの学生4名とICTの学生4名とタイのチェンマイへ同行しました。今年の金沢の学生はラジャマンガラ工科大学ラーナ校(RMUTL)が主催する新しくなった12日間のLEXプログラムに参加しました。以下のレポートは各日の活動を説明しながら2018年3月のラーニング・エクスプレスで学生たちが遭遇した困難などを見ていきます。


2.1日目 到着
KITとICTの学生はRMUTLのホテルにチェックインしました。夜にはシンガポールの学生と引率教員が同ホテルに合流しました。学生はそれぞれの部屋で翌日に備えて休みました。


3.2日目 オリエンテーションおよびDTトレーニングの復習
RMUTLによるウェルカムスピーチと、3つの大学の教員による各大学の紹介が学生向けに行われました。次にRMUTLによる学生同士がお互いを知るためのアイスブレイクセッションが行われ、同時に海外の学生に向けて現地の文化習慣やタブーなどが紹介されました。その後、学生はホームステイする各村のグループに分かれ、小規模のアイスブレイクセッションを行い、さらに距離を縮めながらお互いの言語能力を確認しました。デザインシンキングトレーニングが復習され、観察とインタビューを行う手法が強調されました。復習のあと、ホームステイが行われる各村の学生に向けてプロジェクト声明が発表されました。このセッションでもっとも重要なのは学生に正しいインタビューの手段を理解させることです。インタビューで使用する質問文を話し合いながら作って練習しました。その間教員は学生にメモの取り方、通訳、話し手と聞き手に分かれる練習法などを指導していました。


4.3日目~5日目 ホームステイ
LEXプログラムでもっとも身体的に負担がかかるステージです。学生が主催国の地方へ行き、問題を見つけ、ホームステイ先のコミュニティに適用可能な解決策を模索します。学生が自主的に訓練したことを発揮する場なので、引率教員は後退して学生に任せ、時間の管理や集中させる手助けに専念します。3日間とも学生はそれぞれの関心がある領域を見学したり、プロジェクト声明と合致する該当ステークホルダーへのインタビューを行ったりします。


5.6日目 Ideation
Ideationはもっとも精神的に負担がかかるステージです。学生はプロジェクト声明を再評価し、収集したデータがそれとマッチするか確認します。ステークホルダーや対象住民を創造して演じる時は自らの生活を良くしようとしている前提で行います。


6.7日目~8日目 プロトタイプ製作
ここではステークホルダーや対象住民が目で見て、Ideation実際に試して効果の程度を確かめられる解決策の製作を行います。プロトタイプを製作する際は言語能力よりもスケッチを描くための描画能力のほうが問われるので、エンジニアの学生が活躍するステージです。


7.9日目 共創活動
このステップでは、学生が制作したプロトタイプをステークホルダーに見せて、完成版のための良い点や、改善点を教えてもらいます。ステークホルダーがそのプロトタイプを必要としているか、実際に使うのかなども評価のポイントとなります。

8.10日目 ギャラリーウォーク
ギャラリーウォークは大きなカンファレンスルームかミーティング会場で行われ、外部やコミュニティの人たちが製作されたものの紹介を受けられます。このギャラリーウォークによって様々な人々にプロトタイプを評価してもらい、新たな改善点、解決策、コンセプトを得ることができます。ギャラリーウォークの参加者に小さなカウンターアイテムが渡され、プロトタイプの人気度、創造性、デザイン性で投票が行われます。

9.11日目 文化没入とクロージング
この日はギャラリーウォークの投票がまとめられ、学生たちは長い努力の達成感を味わうことができます。夕食の席で修了証明書の授与と、ギフトの交換、各参加者の故郷の文化を紹介する短いパフォーマンスが披露されます。最後にRMUTLの代表者と引率教員によるクロージングの言葉があり、学生はホテルへ戻って最後の夜を過ごします。

10.12日目 チェックアウトと出発
    プログラム最終日のこの日は全員がホテルからチェックアウトしてそれぞれの国へ戻ります。この時に学生は新しい友達と離れていつもの生活に戻らなければならないことに気付きます。ですが、同時に世界の別の場所に新しい繋がりが出来たことも実感します。このタイミングでソーシャルメディアのアカウント名などの連絡先を交換します。


11.結論
学生たちはこの旅で貴重な社会的、文化的体験をしました。その感想と写真をパワーポイントにまとめ5月29日にプログラムのスポンサーと主な支援者に発表をしました。このプログラムは高く評価されています。ICTの次の世代に引き継がれていくことでしょう。 

 
 

Please reload

Featured Posts

DAY 1:ラーニングエクスプレス2017がスタート

March 17, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

March 26, 2019

March 26, 2019

March 20, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

March 19, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by International College of Technology, Kanazawa

All Rights Reserved

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン